カローラハッチバック 値引き 相場

カローラハッチバック(カローラスポーツ)の値引き相場は現在「0~5万円」となっています。

カローラハッチバック(カローラスポーツ)は新型車として2018年6月26日に発表されましたが(なんと新型クラウンと同時発表)、5月中旬ごろから先行受注が始まっています。

カローラハッチバックの値引き相場は、これから徐々に拡大して「10~15万円」あたりに落ち着くはずです。新型車効果で値引きが少なくても売れる期間が終わる、4~6ヶ月後ぐらいから徐々に値引きが拡大していくと予想されます。

カローラハッチバックを簡単に安く買う方法

カローラハッチバックは当面の間、値引き交渉をがんばってあまり値引きしてもらえないでしょう。

でも実は、値引き交渉を行うよりも、もっと簡単にカローラハッチバックの購入総額を安くできる方法があります。

今乗っている車がある方限定ですが、ある方法を使って「下取り車をより高く売る」ことで、値引き交渉だけ行った場合より「100万円」以上、カローラハッチバックを安く買える可能性があります。

一般的に、今まで乗っていた車はディーラーに査定をしてもらって、そのままディーラーへ下取り車として売却することで、新車の購入価格と相殺することが多いはずですが、私がディーラーセールスをしていた経験上、ディーラーの査定額は、買取専門店での査定額の相場と比べると格安なので、損をしていることが非常に多いです

その証拠に、こちらの買取業者への一括査定サイトの「かんたん車査定ガイド」を見ると、買取業者ではディーラー査定よりも「51~135万円」高く査定されたという実例が紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

私が知っている買取業者の高額査定の実例としては、7年乗ったボルボが買取業者でディーラーよりも「140万円」高く査定された例、5年乗ってキズも多いミニバンがディーラーよりも「60万円」高く査定された例などなど、元ディーラーセールス目線でも「ディーラー査定は損」と言わざるを得ません。

ディーラー査定が損、ということはネットではよく見かける話ではあるのですが、よく書かれているようなセールスがお客さんを騙そうとしている、ということではありません。

ディーラー査定が安いのは、単純に下取り・買取りした車のその後の販路が買取専門業者とは違うということが大きな理由です。後、これは私の推測ですが、ディーラーではたいして努力をしなくても、他と比較せずにそのまま下取り車を売ってくれるお客さんが多いので、あえて高額な査定額を付ける必要が無いのだと思います。

一括無料査定サイトランキング

買取業者の査定が、ディーラー査定よりも有利なことはわかったと思います。

でも、買取業者であればどこでもディーラーより高額な査定になるわけではありません。業者によって買取後の販路に違いがあるので、買取が得意な車種、不得意な車種があるからです。

一番良いのは、複数の買取業者の査定額を比較する方法です。買取業者の査定額を比較するなら、一括無料査定サイトを使うのが一番かんたんです。

下記に、査定依頼できる業者の数、情報入力が簡単にできるかどうか、などを比較して一括無料査定サイトをランキングにしているので、今の車を高く売って、カローラハッチバックの購入総額を少しでも安くしたい方は、参考にしてみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・45秒でかんたんに情報の入力が完了
概算の査定額をすぐに画面で確認
・サービスを運営するのは東証一部上場企業「エイチーム」
・提携の車買取査定会社は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟してる優良企業

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

・全国の150社から厳選された最大10社に査定依頼
・サービス利用時の不明点はカスタマーセンターに相談可能
過去の利用者数の実績が100万人以上

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

「リクルート」が運営するサービス
・公式サイトに「車買取・車査定完全ガイド」「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」など、事前に知りたい情報が掲載

公式サイトはこちら

サイト管理人

元トヨタカローラのセールス。なのでカローラのセールスのやり方はよく分かっています。当時は査定士として車の査定もしていました。
自動車ディーラーって割と殿様商売なところもあるのですが、セールスに値引き交渉でうまくやられないように、このサイトを作りました。

 

© 2018 カローラハッチバック 値引き rss